ファン付きグラフィックボードを分解・清掃するよ(`・ω・´)

先日買ったまま放置wしていた中古の【HIS RADEON4670 IceQ 1GB】がちょっち汚いので、師匠の進言もあり分解清掃する事にしました

画像


まずはグラボ本体に刺さっているファンのコネクターを外し、次にグラボ裏側にあるプラスネジを4本外します
ドライバーの先っちょで、周辺の回路を傷つけないように慎重に!(・ω・A;)アセアセ

又、ネジには防振のためのシリコン?製の平ワッシャー(半透明)が入っているので、無くさないように。

画像


ブラフィックボード本体と冷却装置部分が分かれました。

グラボ本体と冷却装置の間にプラスチックのスペーサー(半透明)が4つ有るので、これも外した拍子に無くさないように注意です

画像


では次に冷却装置のアルミヒートシンク部分とファンの部分を分離します。

裏返すとアルミヒートシンク側から小さなビスが3本刺さっています
かなりキツクしまっているので、ネジの頭をなめらないよに上から力を入れて押さえつつ回します。

画像


ヒートシンクを外したところ、この大きなプラスチックのファンケースの中にヒートシンクが無駄なくおさまっており、ファンが発した風によりヒートシンクを冷却、熱気は背面スロットから放出される仕組みですね。

それにしてもかなり大きな埃が入り込んでいますね。(´・ω・`)

画像


そしてこちらがGPUのアップ写真。
古い伝熱グリスを奇麗に拭き取ると、GPU表面に【ATI RADEON GRAPHIICS】の文字が刻印されていました。

カッコイイですねぇ。(*´∀`*)

画像


GPUもCPUと同じで非常に発熱するため、組み付ける前に必ず伝熱グリスを塗布します。

グリスはCPUクーラー装着の際に使用したものと同じグリスを使用しました
面積小さいのでグリスの量に注意して、ヘラで均一に広げます。φ('-'*)メモメモ

画像


ファンとヒートシンクは、まずエアーダスターで大きな埃を飛ばし、その後にティッシュで奇麗に汚れをふき取りました。

清掃が済めば、ばらした時と逆の手順でファンとヒートシンクを組みつけます。
かなり小さなビスなので、斜めにねじ込んでしまわないように注意です。f(´-`;)

冷却装置部分が組めたら、いよいよグラボ本体に組み付けますが、この時注意しなければいけないのが例の半透明のスペーサー4個を忘れずに入れる事。___φ(゚ー゚*)フムフム
これを入れ忘れると、正しく装着されず熱でGPUが焦げてしまいます。
(( ;゚д゚))アワワワワ

画像


最初に外した4本のビスで組みつけますが、必ず防振の平ワッシャーを忘れずに取り付けます。

ネジを閉めるときは機械の基本、対角線上に少しづつ閉めていきます
最後は緩まないように、しっかりと閉め込みますが、あまりバカ力でやりすぎると基盤をやってしまうので、力加減に注意しながら確実に閉め込みます。ε=(・o・*) フゥ

画像


最後にファンケーブルのコネクタを差したら、完成!ですワーイε=ヾ(*・∀・)/

見違えるように奇麗になりました。
何気に結構な汚れだったのですが、もし師匠の進言がなければそのままエアーダスターだけ吹いて組み付けて、あやうく後悔してしまう所でした。

また今回もAMD師匠に感謝です。
★-(ゝ∀・` Thank You!´ゝ∀・)-☆



さてこれで、安心してベンチマークテストに移れそうです!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

電子機器が好き
2010年07月03日 20:27
おぉ、やりましたね!
この【HIS】は、512MB仕様も、1GB仕様も、バカ売れしたモデルです。
しかし、現在ともなると、潤沢に中古が出回ります。
何故か?
別にグラボのスコアアップのために、買い替え、って話ではありません。
実は、せっかくの外排気+IceQファンが名作であるにも関わらず。
(OCしても、状態さえ良ければ、ほんとこいつは冷えたままです!)
★掃除を行わず、冷却が追いつかない。
★ひどければ、ファンから異音がする。(たぶん軸ごと、やられてるはず)
★そうなると、負荷をかけられない上、他のコンデンサ等のパーツ寿命も減る。
この悪循環を、このグラボのユーザーは、気づいていません。
現在もこのシリーズだと、4850、5670、5770などで見かけます。
パーツの寿命も、永遠では無いものの。
せめて今回のように、大事に扱う! って発想を。
多くの読者に、気づいてもらいたいところです。
(余談)
1:ティッシュよりも、もっと【いいもの】があります。
【液晶用クリーナー】の、あのきめ細かい紙。
これを、完全に乾燥させて用いると、実にいいですよ!

2:アルミヒートシンクですが。
俺はあえてディスカウントストアでも買える、激安ミネラルウォーターを。
一度完全に、沸騰させます。 その後冷まします。
そして、それなりにぬるま湯のような状態に、放り込みます。
そして【沸騰しない程度】で止めつつ、即、お湯から引き抜きます。
すると【油分】まで抜けて、実にきれいになりますよ!
(CPUクーラーなど、オススメかもしれません)
2010年07月04日 16:13
師匠!こんちゃです
今からブログを欠く予定ですが、ベンチマークとってみて改めてこの4670の性能の高さに驚きました。
そしてもう一つ驚いたのが、音の小ささ!
他の3つのファンも大概静かなのですが、IceQのほうがもっと静かで、本当に回っているのか!?と驚きです。
やはり良いパーツは大切に、長く使いたいですしね。

液晶用クリーナーなんてものが有ったのですね。今度探してみます。
アルミヒートシンクですが、普段ならパーツクリーナー(ブレークリーン)でトコトン洗浄する所なのですが、昨日お外は雨だったので控え目にエアーダスターとティッシュだけにしました
家の中でパーツクリーナーは自殺行為ですしwww
電子機器が好き
2010年07月04日 16:59
4670は、ほんとにいいですよ~!
俺も4770や5770を試す前は、まさに【指標】と思ってました!
(何しろグラボデビューが、HISの4670ですから)

静音の上、冷える!
これを活用するには、ATI Catalyst Control Center(通称CCC)の詳細設定にて。
ATI Overclockという項目が、左側に表示されます。
最初は、鍵マークあるので、何も出来ませんが…
これをクリックすると、項目をいじれます。
そして、GPUクロックやメモリークロックを、少しずつ持ち上げます。
そして【カスタムクロックをテストする】とあるので、クリックします。
すると、画面は妙な(?)表示となるんですが…。
上昇させたクロックで問題無ければ【成功】と表示されます!
これを少しずつ繰り返します!
すると、ケース内エアフローとか、その他要因も関係しますが…。
リファレンスよりも、クロック上昇に繋がります!
(ということは、さらにベンチスコアが向上する、ということです!)
元々TDPの低い4670なので、その他のハイエンドグラボに比較して。
あまり心配せず、こういう楽しみ方が出来るのは、嬉しい限りです!
名無し
2010年11月01日 06:38
突然失礼します。
同じHISの4670、512MBの型を使っているのですが、
1年ぶりにケースを開けてビックリ・・・グラボが埃まみれでした。

ブログの説明の通りに分解して、うまく掃除することができました。
詳しい写真つきで、ありがたかったです。
画像が大きいのも助かりました。

ありがとうございました。
じゅ
2011年10月31日 05:28
HISの4670の掃除する際に参考になりました
ありがとうございます
2011年11月23日 20:24
いえいえ、こちらこそ参考にして頂いて、嬉しい限りです。
半年ほど放置していたブログですが、そろそろ更新を復活していきたいと思いますので、また宜しくお願い致します。

この記事へのトラックバック