電源ボックス”BULL-MAX KT-520RS”ゲ―(゚∀゚≡゚Д゚)―ットォ!!

最近パソコン熱が治まらない私、サイクルベアーの次なるターゲットはこちら。


【電源ボックス】( ̄ー ̄)ニヤリ


intelからAMDへの変更で、ごっそりと組み換えとなったこのメインマシンですが、電源ボックスは元々使っていたemachines標準の305Wという貧弱な電源を使用しておりました。

とはいえ、通常利用するぶんにあたっては今の構成でも全く問題はないのですが、使用し続けて早5年と言うこともあり、安全を見て交換することにしました。

それにCPUが折角のOCモデルBlackEditionなので、OCする事を考慮すればやはり用量のデカイ電源に換装する方が安全だということで・・


そして毎度ながらAMD師匠にメールで相談し、こちらの電源に決定致しました。(゚Д゚)ノ

画像


KEIAN BULL-MAX KT-520RS


ソフマップオンラインにて限定セールのところ¥3280でゲット!
キタ―ヾ(゚∀゚*)ノ―(σ*゚∀゚)σУ◎―!!

¥1500以上なので当然送料¥0! 実は他にもいっぱい買いましたが(*´∀`*)

特徴としましては・・コピペですが。。


奥行き140mmのコンパクト設計:520W、620Wながら奥行き140mmのコンパクト設計。
対応ケースが幅広くなり、ケース選びにも苦労しません。

■回転数を常に自動で適切に保ち、静音、高冷却を実現:独自のサーマルノイズコントロール機能を搭載。12cmファンを採用し温度を検知して 700~1800(620Wは2000rpm)rpmで回転数を自動制御
回転数を常に適切に保ち、静音・高冷却を実現。

90Vの低電圧環境でも動作可能:日本仕様の100V設計を施すことで更に低い90Vでも動作可能。低電圧地域の方でも安心してご利用いただけます。


と、80PLUSこそ付いていないものの、この価格からすると容量はもちろん、仕様としても十分すぎるというほど優れた電源ボックスと思われます。

画像


こちらが本体です。

本体色はなかなか渋いマットブラックで塗装されています
(ノ-^0^)ノキャーキャー♪

私のPCケースのように本体色がマットブラックでサイドパネルがアクリルで中が見えるケースの場合、全体とマッチして奇麗に見えますね
+゚*。:゚+(人*´∀`)ウットリ+゚:。*゚+.

標準の電源は無骨なシルバー(素材色)なので、妙に浮いて見えてしまうのです。


取り付けた際に下側となる底部には、120mmもの大型ファンが設けられており、静音性と風量に期待が持てます。

背面となる排気面も全面がパンチングになっているので、排気効率もみるからに良さそうですね。

画像


気になる接続ケーブルのコネクターたちです。ヾ(゚ー^*)

ケーブルコネクタの種類は

ATXメイン 24ピン(20+4)・・1本
ATX12V 8ピン(4+4)・・1本
PCI-Express 6ピン・・1本
S-ATA x3・・2本
HDD(4ピン)x2+FDD(4ピン)x1・・・2本


と、必要にして十分。

1本だけ赤いコネクタがありますが、それがPCI-Express 6ピンになります

それぞれのケーブルの出力などはメーカーサイトの
http://www.keian.co.jp/products/products_info/kt_520_620rs/kt_520_620rs.html

にまとめられています。


仕事が忙しくてなかなか換装する時間を作るのが難しいですが、出来れば今週中には換装を行い、またブログにアップしたいと思います。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

電子機器が好き
2010年07月14日 23:28
結構、売れているんですよね、このシリーズ!
さすがに5年も使っている電源だと…
コンデンサの劣化が、さらに電力消費量の悪化を招いていたと思います。
80plusは、あくまで効率の問題ですので(笑)
皆様、結構難しい用語を並べて、電源を評していますが…
最もわかりやすい比喩で書けば、こうなるでしょうか?
例えば、自動車!
普段の通勤だと、軽でも楽勝です!
3ナンバーなど不要です!
しかし遠出する場合とか、上り下りの多い道を、遠距離走る場合…
大型エンジンの車であれば、それは快適でしょうし!
全体のパーツ構成と、利用頻度で比較すれば。
そう(お値段だけが無駄に)高い電源は、不要だと思います!

ちなみに。
うちにもヤフオクで落札した【400Wの電源×2】がそろそろ到着します!
メイン機こそ600Wの80plus Bronzeなんぞ搭載してますが…
安価な自作マシンの依頼であれば、400Wもあれば充分ですから!
・大手国内有名ブランドのデスクトップ機の電源容量、見たことありますか…?
・未だに200W台、って機種も、結構ありますしね…
2010年07月15日 10:40
こんちわです、師匠
いつもコメントありがとうございます。

電源って気がつくと結構な年数使い続けてたりするんですよね
ベンチマークなんかで数値として効果が直接すぐに見えるものではないので、どうしてもアップグレードとなると、グラボなりCPUなりメモリなりに走ってしまって。

でも一番大切な縁の下の力持ちってヤツですね。

パソコンってなにげに車に例えるとわかりやすいですよね!
私も会社でパソコンについて聞かれた場合、車に例える事が多いです
CPUはエンジンとか、車体はケースとか・・

>>・大手国内有名ブランドのデスクトップ機の電源容量、見たことありますか…?
>>・未だに200W台、って機種も、結構ありますしね…

!!何気に言われて見て今気が付きましたが、国内メーカー物の電源って、じっくりと見たこと無かったですね・・
未だに200Wとか気が付きませんでした

この記事へのトラックバック