ついにブルドーザーの組付けを開始するよ!【中編】♪ヾ(。・ω・。)ノ゙

では、前回の続きいきまーすε===(っ≧ω≦)っ


画像



IOパネルがセット出来たら、マザーボードをケース内にセットします。

奥行きコンパクトとはいえフロントベイが無い分、一般的なケースよりも余裕を持って入れることができます。


前回のお話で・・

でも、まだこの段階でHDDをケース本体に取り付けてはダメ!(o≧口≦)o】と言っていた件ですが、その理由は写真で私が指を差している先


マザーボードを固定するネジがちょうどHDDの影に隠れてしまい、ネジを締めることが出来なくなってしまう為です

更にもうひとつ、指さしている所の直ぐ左側にもマザー固定用のネジがあり、それはCPUクーラーのファンの影になっています。

ですので、CPUクーラーのファンのみを外すかズラすかしないと、このネジも締める事が出来ません。φ(・ェ・o)~メモメモ


ファンを合わせれば800g超えにもなるCPUクーラーなので、マザーボードのネジは全てしっかりと取り付けてあげないと、ヾ(。`Д´。)ノ彡☆メッ!ですよ。


画像



マザーボードの固定が済んだらHDDをマウンターごとセットし、2本のビスでしっかりと固定します。


次にリアファンですがこの【GMC R4 BULLDOZER Advance】は一般的なPCケースとは違い、2連式のリアファンを有しています。

2連式とはいえファン自体は独立していて、普通のファンが2個縦に並んでいるだけ

しかしマザーボード上のリアファンのコネクタは1つだけ。


そこで登場するのがこの【3pin分岐ケーブル】。ぉお(゚ロ゚屮)屮

この分岐ケーブルを使用することにより、マザボ上の1つのコネクタに2基のファンを取り付ける事が可能となります


画像



ファンケーブルの余長分はリアファン本体に巻きつけ、いつもの紙縒りで分岐ケーブルの余長分をまとめました。

スッキリ♪(*´∀`)♪


それにしても、この段階での写真を見るとサイドフロー型としては、望ましい限りのエアフローの良さが伺えますね。


画像



次のお役立ちアイテムはこちら。♪ヾ(。・ω・。)ノ゙

ペリフェラル4pin → Serial電源 変換延長ケーブル】と【SerialATA接続ケーブル


もうお気づきの方もいると思われます。

このケースの特色上、ODDとHDDのコネクター接続部が物理的に離れすぎている為に、そのままでは電源ケーブルがどちらか一方に届きません

この辺は使用している電源ボックスのケーブル長にもよると思われますが、今回採用している【エバグリ400W】の場合、ODDに繋げばHDDに届かないしその逆もまたしかり・・・という状態です。

ですので、こちらの変換延長ケーブルを使用する必要があります。


データ用ケーブルもHDDは長さ的に問題は無いのですが、ODDはそれなりに離れているので取り回しによっては少し長さに余裕があるといいと思います。

あと前回でも少し触れましたが、ODDの所は開口部とのクリアランスの関係上、ストレート型ではなくL字型が好ましいと思われます

でないとケーブルの根元が折れてしまいますので。φ('-'*)メモメモ


ちなみにこの子たちはメインマシンのマザーボード【FOXCONN A85GM】に付属のケーブル。

とりあえず手元にこれが有ったので・・・また後日にでもL字型へ換装を行います。


画像



こちらは【フロントパネル温度計のセンサー部分

接触式のセンサーなので、計測を行いたい場所へ接触させる必要があります

とりあえずこんな感じで絶縁テープでCPUクーラーの裏側へ貼り付ける事に決定しました。

はがれて落ちない様に確実にね!(*・∀-)☆


画像



なんとかその他もろもろのケーブルの繋ぎが完了しました。ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ


今回もホムセンで購入した紙縒りと、紙縒りを固定するヤツがケーブルの仕舞で大活躍。

もう手放せませんねwww


想像していたよりもスッキリとした印象をうけますね。

意外とエアーフロー良いんじゃないかな?(*゚▽゚)


さて次はサイドパネル側のセットアップになりますが、続きは次回【下編】にて!


ヾ(*'-'*)ヾ(*'-'*)ヾ(*'-'*)バイバイ!!



この記事へのコメント

電子機器が好き
2010年08月21日 21:53
この【ファン分岐ケーブル】(AINEX)は、皆様に紹介しましょう!
組んでいてお気付きと思いますが。
★片方は3pinで、ファン回転数検知が可能
★もう片方は2pinになっており、わざとファン回転検知を行わないこだわり様!
実売300円そこらですが、実に有用なケーブルですねぇ、こいつ!
〃--〃--〃--〃--〃--〃--〃--〃
CPUソケット位置が、FOXCONNマザー(AMD仕様)と異なり。
随分、リア側にあるんですねぇ、そちらのマザー!
うちはフロント吸気出来なかったんですよね、このファンが(泣)
〃--〃--〃--〃--〃--〃--〃--〃
それと全体的に、空間確保が出来ているようで、羨ましい限りです!
うちはconeco.netで2度レビューしましたが。
組み込んだパーツが【デタラメ】だったし…(笑)
それはもう、惨状、でしたね!
(普通、玄人志向の600wなんか積まねぇだろ? って話ですよね…)
2010年08月22日 17:28
この分岐ケーブルは、まさしくブルドーザーの為のようなケーブルですよね!
これもホント助かりましたm(_ _)m

そう、このマザーのソケット位置が少し後ろ気味なんですよね。
なのでこれより大きいCPUクーラーだと、リアファンと衝突してしまい物理的に付かない場合があるんですよね(^^;

ですがそのおかげで、ファンがHDDから適度に離れているので圧損が最小限に抑えられていて、結果として風量確保につながっていると思われます。

なので今回ブルドーザーで組んでみて、前面下方→後方上方という理想的なエアーフローが確保できていることに改めて驚きました。

これもすべては師匠から【忍者2】を頂いたおかげです!
ほんと感謝しております。アリ*:・(*-ω人)・:*ガト

この記事へのトラックバック